スポンサーリンク

 
19世紀にイギリスで小型のグレイ・ハウンドとマンチェスターテリアやベドリントンテリアなどの交配によって作り出されたウィペット!
「物静かで知的なスプリンター」と呼ばれ走る姿はとても美しく、たくさんの人を魅了し続けています!
今回はそんなウィペットについてご紹介していきます♪
溢れんばかりのウィペットの魅力をぜひ一緒に紐解いてみましょう!

 
 

~しつけでお悩みの方へ~


 
・私の犬って、何でこんなに吠えるの?
・決めた場所でおしっこしてくれない。
・通行人に噛みついちゃった!大変!
・私の犬なんてお手すらしてくれない。
 
私の愛犬に限って、ダメ犬なんじゃないかしら?
 
 

安心してください!

 
そう思っている方が、今とても多いんです!
だから、あなただけが悩んでいるのではないのです!
 
実は、あなたもあなたの愛犬も何もダメなところはありません!
一番の問題は、
「しつけ方を知らないこと!」だったんです!
 
 
実は、今この教材が大人気です!
しつけの王道教材として今、大注目の『イヌバーシティ』
この教材で、愛犬がお利口さんになっている家庭が急増中です(笑)

気になる方は、コチラの記事にまとめてみましたのでご覧ください!↓↓↓
 


 

ウィペットの性格とは?

 

引用:いい犬ドットコム

 
 
19世紀にイギリスで小型のグレイ・ハウンドとマンチェスターテリアやベドリントンテリアなどの交配によって作り出されたウィペット!
「物静かで知的なスプリンター」と呼ばれ走る姿はとても美しく、たくさんの人を魅了し続けています!
 
そんなウィペットの性格は、
 
・大人しい
・集中力が高い
・繊細
・感受性が強い
・温和
・優しい
・友好的
・神経質
・常に冷静
・人が大好き
・従順

 
と、穏やかで友好的な性格を持ち、多頭飼いや小さな子供との接触もストレスにならずに対応できる犬種なんです♪
気分屋な面もなく常に冷静なのでしつけの飲み込みも何歳から始めても早く学び取ってくれます!
 
ウィペットはすごく繊細で神経質な面も持っています!
なので、過度な刺激は避けるようにしてあげましょうね!
 
大きな声で叱ったりすると傷つき、怯えるようになってしまうんです!
 
 
しつけの時は、褒めて伸ばすようにしてあげてくださいね♪
なんだか現代社会の鏡となるような育て方ですね(笑)
 
 

ウィペットの特徴、平均寿命は?


 
それでは、ウィペットの具体的な特徴平均寿命、そして飼う時に気にしておきたい、かかりやすい病気についてご紹介します!
 
それでは、まずは特徴から!
 

<ウィペットの特徴>

ウィペットの特徴といえば全犬種の中でも1.2を争うほどの、そのスピードと無駄のない筋肉や洗礼されたシルエットですよね~!
 
ウィペットは、最高速度は時速80km、瞬時にトップスピードに達するんです!
 
自動車の高速道路での運転並みの速さです!
 
 
これは、ウィペットは元々、サイドハウンド(視力が優れ、遠くの獲物を見つけ追跡する狩猟犬)として活躍した歴史を持っているからこその特徴です!
 
ドッグレースの流行った19世紀後半には「貧民の競走馬」と言われ労働者に人気だったそうですよ!
 
元々の目的に即した見た目通り、脚力に自信があり、速さを出せるあのスタイリッシュな体型になっているんですね♪
 
カッコいいですよね!
 
 

<ウィペットの平均寿命は?>

そんなウィペットの平均寿命は約13歳!
 
中型犬の中でも、平均的な寿命となっておりますが、長いと15年以上、そして短くても10年弱と言われています!
血筋や個体差が大きく影響する犬種となっています!
 
しかし日々の運動を適度に行うだけでも長い寿命が期待できると言われています!
 
なので、可能な限り毎日お散歩を欠かさず、運動不足によるストレスを溜めないようにしてあげてくださいね!
アスリートが運動しない日がないように、ウィペットもなるべく毎日の運動が必要ですね♪
 
 

<かかりやすい病気>

ここからは、ウィペットのかかりやすい病気について!
ウィペットは遺伝的な病気や特徴的な疾患も少ないのですが、短毛の為アレルギーや炎症を起こさない様皮膚疾患には気を付けてあげてください!
 
あと、麻酔に敏感なので病院にかかる際は、ウィペットについての知識、経験が豊富な獣医師と十分に相談するようにしましょう!
 
知識不足や経験不足から麻酔や鎮静剤の使用で命にかかわるような事になってからでは大変です!
 
 

飼う際の注意点3か条


 
特徴や寿命、かかりやすい病気は理解できましたか?
 
それではここからは、ウィペットを飼う時に気をつけておきたいポイントを3つにまとめて紹介します!
 
 

①毎日可能な範囲で十分な運動を欠かさないようにしてあげよう!

華奢に見えますが、体力はとてもありますので一日最低1時間程の運動量は必要です!
 
ウィペットの場合、毎日の運動が寿命にも繋がってくるので意識して生活の中に運動を取り入れてあげましょう!
 
飼い主さんとワンちゃんで一緒にジョギングもお互い健康になっていいかもしれませんね♪
 
ウィペットを飼うことで、飼い主の方がウィペットのようなスタイリッシュなスタイルを手に入れれちゃうかもしれませんね(笑)
 
 

②ウィペットならではのしつけポイントを頭に入れておきましょう!

品があり、繊細なウィペットだからこそ怒ったりしてしまうとひどく過敏になります!
 
出来た時に褒めてあげるというスタンスをほかの犬種よりも意識して接するようにしましょう!
ついリードを離してしまった際に走り出されると、スピードに追い付くのも大変です!
 
 
その際「とまれ」「呼び戻し」クールダウンなどのトレーニングが役に立ってきます!
 
小さいころから覚えさせておきたいしつけですね!
 
仔犬でも成犬でも、すぐに良犬になるしつけ教材
 
 

③冬場の寒さはすごく苦手です!

ウィペットはその見た目通り、寒さにはめっぽう弱いです!
なので、飼育する時は冬場は寝床をしっかり温めてあげるようにしてあげてください!
 

ワンニャン専用 ホットマット Lサイズ 電源不要 ホットカーペット 犬 猫 快適 小型犬 ペット用マット 防寒グッズ


 
 
※決して冬場に野外での飼育はしない様にしましょうね!
 
 
 

最後に

 
いかがだったでしょうか?
 
普段、街中ではあまり目にしないタイプの犬種なので、見たことはあってもよく知らないという方もいるかもしれません!
しかし、その特徴を深く知っていくとすごく愛情深く従順で、そっと傍に寄り添ってくれるようなわんちゃんです!
 
 
運動必須など大変な面もありますが、そんなことが気にならなくなるほど素敵な魅力をたくさん持っています♪
 
これから飼おうと思っている方ももうすでに飼っている方も是非上手にコミュニケーションをとり、ウィペットとの静かで穏やかな時間を満喫してくださいね
 
 

※おまけ<ウィペットに付ける首輪について>

ここからは、おまけです!
 
<首輪について>
 
首が細いウィペットには細い首輪だと負担がかかってしまいます!
 

なので、ウィペットには一般のものより太めのものを選んであげてください!
 
 
そして、ウィペットは首だけでなく頭も小さいので、急に走り出した時に首輪を引っ張ると、ついつい首輪が抜けてしまうというハプニングも多く発生してしまいます!
 
そんな際には、リードが張ると首輪が少しだけ縮まる「ハーフチョーク」タイプの首輪がおすすめですよ♪
 
 

引用:シルバーブログ

 
 
ハーフチョークを購入するならこちらがオススメです!
 
飼い主好みのデザインを選べるので、選ぶ楽しさもあり、首輪の太さも選べるのが嬉しいですよね♪
 

イタグレミニピン用革ハーフチョーク:Small Type Choker G2-000(鋲なしチョーカー)


 
 
 
こちらは、ハーフチョークでも素材は金属ではなく、パラシュートで使われている伸縮性に優れた素材で一本一本丁寧に編み上げられたタイプです!
 
わんちゃんへの首への負担も少なく、安価なので今人気です!
 

犬の首輪 【アメリカの素材と日本の職人技】パラシュートコードでできた 首輪 ハーフチョーク首輪 ペット リード 犬 パラコード 散歩 犬用 リード カジュアル おしゃれ カラフル ファッションリード 大型犬 小型犬 中型犬 カラー 訓練 しつけ トレーニング ワンタッチ

感想(408件)


 
 
以上、
「ウィペットの性格は?特徴と平均寿命、飼う時の注意点とは?」でした!
 
本日もお読みいただきありがとうございます!
 
 
 
 

~ある愛犬家の悩み~


 
愛犬のしつけを自分一人で一から学ぶのは難しそう!
でも、しつけ教室に通わせるのは、費用面も手間も考えると面倒かなぁ~(泣)

 
 
 
そんな方に、このしつけ教材が今、大人気です!
ハリウッドの大ヒット映画に愛犬が出演した経験を持つプロのドッグトレーナーが犬のしつけをもっとカンタンにできるように、一から作成した本物の教育教材!
 

『イヌバーシティ』

 
なんと体罰なしで簡単にしつけができるので、愛犬との信頼関係も築きやすいのが人気の秘訣ですね♪
イヌバーシティの内容を実際にマネするだけで愛犬が見違えるように
お利口さんになった家族が急増中!!
今まで苦労していたのが何だったのか?ってくらいカンタンにしつけができます!

なので、
今、一番売れているしつけ教材です!
 
 
気になる方は、公式ページから↓
 
 

 
 

 
 
 
 
 
 

☆他にはこんな記事も読まれてます☆

 
 
 
 

スポンサーリンク