ジャーマンシェパードドッグはドイツの牧羊犬という意味でもあり、元々ドイツで飼育されていた犬種です!
この犬種は警察犬でもよく飼育されていることもあり、忠誠心が高く飼い主に非常に懐きます!
また、非常に賢く訓練も上手なので、しつけをするのはとても楽でしょう!

 
 

ジャーマンシェパードとは


 
日本では「シェパード」と言われて人気のある犬種で、介助犬や軍用犬、災害救助犬など様々な人の手助けとなる役職をこなすなど、忠誠心が高く大変賢いということが特徴です!

また、大型犬で警察犬もしているのでクールで怖そうという印象を受けるかもしれませんが、落ち着いており、非常におとなしいということも特養の一つです!
 
 

ジャーマンシェパードの性格は?


 
この「ジャーマンシェパード」は、警察犬にもよく活躍し、その見た目とともにクールで怖いというイメージがあると思います!

その通り番犬にもなるように獰猛で勇敢な性格の持ち主です!

しかしそれに加て飼い主によく懐き忠誠心服従心も持ち合わせています!
 
 
ですので、飼い主がしっかりと責任を持って飼育すれば良いパートナーになってくれること間違いなしです!
 
 

シェパードはツンデレ!?

シェパードは警察犬にもなるとおり、とても番犬としてオススメできる犬種です!
ですのでクールで勇敢な一面もありますが、その一方信頼した飼い主にはデレデレな面もあります!
家族内での一面と散歩中などの一面を比べてみるのも面白いかもしれません!
 
 

ジャーマンシェパードはどのくらい生きるの?

ジャーマンシェパードの寿命は9〜13歳と言われています!

大型犬の寿命が10〜12歳ほどなので、比較するとほとんど変わらないような寿命になっています!

 

このシェパードは大型犬にしては胃腸が少し弱いので、そこのところを気をつけるようにするとより長生きできるでしょう!
 
 

ジャーマンシェパードのかかりやすい病気は?


 
ジャーマンシェパードにもかかりやすい病気がいくつかあります!

先ほども述べたように胃腸が少し弱いところがあったり、大型犬ならではのかかりやすい病気などがあります!
 
 

胃捻転

この胃捻転という病気は単純に胃がねじれてしまうという症状が出る病気で、胃だけでなく周囲の臓器にも損傷が起こりやすい病気なので注意が必要です!

この病気になると犬が嘔吐したり腹部を痛がったり、腹部や食事関係の異常が出ます!

そのような場合は注意したほうが良いでしょう!

この病気の原因は早食い食後すぐの運動など、食事の際に雑な食べ方などを行うとなりやすいので食事の際は十分ゆっくりと食べ、その後も少しは休憩の時間を設けるなどしましょう!

治療法は胃にチューブを入れたり手術でねじれを解消する方法がありますが、どちらにせよこの胃捻転は再発の確率が非常に高い病気なので、まずは予防が大事だと言えます!
 
 

関節の炎症

この病気は足の付け根の関節が形成の際に異常が起き、大型犬では非常に有名な病気です!

子犬のころなどの成長の時期に十分な栄養をとっていなかったり偏った栄養をとっていたりするとなる病気で、普段からの健康維持が重要になってきます!

この病気は関節が擦れて股関節に痛みが生じる病気で、かかると歩行障害などが出てきて散歩が好きな犬にとっては非常に厄介な病気です。

この場合は運動制限食事制限で症状を和らげる方法と手術をして痛みを和らげる方法があります。
 
 

肛門周囲瘻

この病気は肛門の周辺に瘻孔という穴を形成してしまう病気で、校門とは違う病的な穴が開くという怖い病気です!

これは形成された穴が他の部分繋がったり炎症をおこしたりすることもあり、早めの治療が重要です!

しかし、特にこのジャーマンシェパードが一番発症率が高いのに原因の根本的理由は解明されていません!

犬が肛門付近を異常に気にしていたり、肛門を床などに擦り付ける行動をしている場合は注意が必要です!

予防としては普段から排便尿をする際に注意して見てあげ、汚れているようであれば綺麗にしてあげましょう!

肛門付近の余分な毛はカットしてあげるのも重要です!
 
 

ジャーマンシェパードを飼うときの注意点は?

引用元:http://pet-seikatsu.jp/articles/48841

買う際の注意点として一番大きいのはやはり大型犬だということです。シェパードは大型犬の中でも筋肉質で噛む力も強いので、しっかりしつけをしないと凶暴になってしまうと大変です!

子犬の頃からしっかりとした教育訓練をすることをオススメします!

訓練やしつけ自体は非常によくいうことを聞いてくれる犬種なのでしつけはしやすいでしょう!
 
 

目的に合った飼育方法を!

シェパードは家庭内で飼育すると家族に忠実に寄り添い、信頼関係が強く現れます!

一方で外で飼育すると家族との関わりがあまりなく、その一方訪問者などを観察し、番犬としての役割を果たそうとするので番犬気質が強くなります!

どういう飼育目的か、どのような性格になってほしいかによって飼育環境を変えることも重要です!
 
 

しつけの方法

しつける際に長い言葉をかけて褒めたりいうことを聞かそうとしたりしていませんか?

犬は短い言葉で端的に褒めたり叱ったりすることが大事です!

シェパードも同様で、褒める際も「よし!」など短い言葉にしましょう!

また、ダメなことをする際は構ってあげるのではなく無視をしてしつけると良いでしょう!

褒めすぎると飼い主より立場が上のように勘違いしていうことを聞かなくなることもあるのでしつけの際は上下関係がはっきりするようにしましょう!
 
 

ペットフード会社「ロイヤルカナン」の起源?

その昔ロイヤルカナンの創設者は南フランスで獣医師として働いていました!

その際犬や猫治療するときにジャーマンシェパードが皮膚病で、来院することが多く合ったそうです!

当時は戦争や飢餓で人々が飢えに苦しんでおり、犬には人の残飯や残り物与えることが多かったので、それが原因かと考えた創設者は独自でドッグフードを開発し治療の際に与えたそうです!

そのドッグフードが評判を呼び現在のドッグフードのロイヤルカナンができるきっかけとなったのです!
 
 

最後に


 
 
このようにジャーマンシェパードは警察犬介助犬など人のためになるような役職をしているような非常に賢く忠誠心のある犬種です!
 
 
愛情をしっかり持って飼育すると非常に深い絆を結べるでしょう!
 
 
 
そのためにも適度な散歩バランスのとれた食事をして健康管理には気をつけましょう!
 
 
 
 
 
以上、
「」でした!
 
本日もお読みいただきありがとうございました!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

☆他にはこんな記事が読まれてます☆