犬の鼻を触ると、なんだかいつも湿っていますよね?
これって、実は意味があることを知っていましたか?
そして、適度に濡れていることが大事なんです!
え?うちの子乾いている!?
そんな時の原因やケア方法、紹介していきます!

 
 

 

犬の鼻が湿っている理由


 
犬の鼻!
 
 
犬の鼻を触ってみると、なんだか湿っていますよね?
 
 
これってなぜだかご存じでしょうか?
実はこれ、犬が【舌で鼻を濡らしているから】なのです!
でも、一体どうしてわざわざ鼻を濡らす必要があるのでしょうか?
 
 

その理由としては実は、こんな理由があったのです♪
 
 

犬は嗅覚が優れている生き物です!
そのため、犬がまだ野生だった頃から、狩りをする際や仲間とコミュニケーションを取る際も、嗅覚は必要不可欠なツールとして役立っていたのです!

 

この優れた嗅覚、興味深いことに鼻が湿っていることでさらに研ぎ澄まされるのです。
そのため、自分自身で鼻を舐めて濡らし、生活に役立ていたのです!

 
 

また、空気中の匂いを取り込むために、鼻腔内の分泌腺や涙腺の分泌液でも鼻が濡れますし、体温上昇により熱を放散させるためにも鼻を濡らすのです。
 
 

つまり、犬にとってみれば鼻が濡れているということは不思議でもなんでもなく、生きていくために必要な自然現象ともいえるのです!
 
 

 

鼻が乾く時って?


 
鼻が濡れているということは、犬にとってみれば自然現象であるため、【濡れているのが普通】という事が分かりました。
つまり、もしも鼻が乾いていたら病気のサインということでもあるのです!
 
 
 
鼻が乾いているということは、発熱で体温調整がうまくできなかったり脱水を起こしている可能性も考えられます。

 

発熱があるということは、感染症・熱中症・炎症といった病気が考えられますし、嘔吐・下痢を繰り返すことで脱水をすることもあります。

 
 
また、アレルギーや目や鼻の病気により鼻涙管が閉塞するとことで、分泌液がうまく流れなって鼻が乾燥してしまうことがあります。その他にも、皮膚の角化症により、鼻が象の皮のように乾燥して固くなってしまうこともあります。

 

これらすべて、健康であれば起こることはないことばかりです。
つまり、健康状態が良くと鼻が乾燥してしまうのです。
 
 

愛犬の鼻が乾いた時の処置方法とは?!


 
それでは、もしも愛犬の鼻が乾いていたら、どうのようなケアをしてあげれば良いのでしょうか?
ここでは、鼻を適度に濡らしてあげる方法を紹介していきます♪
 
 

ワセリンを塗ってあげる

加齢や皮膚の角化症で乾燥している場合は、乾燥が慢性化している可能性があります。
そのため、適度にワセリンを塗ってケアをしてあげることが大切です。

 

ただし、加齢に伴う場合は【健康状態が良い時】に限ります。
高齢になると、隠れた病気を発症している可能性もあるため、何もないことを確認してからワセリンを縫ってケアをしてあげましょう♪
 
 

水分補給をする

散歩後・睡眠直後などに鼻が乾いている場合は、適度に水分補給をして様子をみましょう。

 

また、もし鼻が乾いている他に元気低下・食欲低下・飲水量低下などの症状が見られたら、ウェットタイプのフードやドライフードをお湯にふやかすなどのアレンジをして与えてみて下さい。

 

これらは、嗜好性がドライフードより高いだけでなく、水分補給もできるので体調が悪い時に役立つ方法です。
もちろん、液状のおやつでも大丈夫ですよ♪

 

その後に、いつも通りに戻れば問題はないでしょう!
 
 

体を冷やす

鼻が乾いているだけでなく、身体全体が熱を持っている場合、熱中症を発症している可能性があります!

 

熱中症は、これからの時期に多く犬が発症しやすい病気のひとつでもあります!
熱中症が疑われる時は、とにかく体温を下げることが大切なので、四肢の間に保冷剤を置いたり、冷水を体にかけるなどの応急処置が必要です!

 

その後、すぐに動物病院へ行きましょう!

 

基本的に、これらが鼻が乾いてしまった時のケアになります♪
ただし、ケアをしただけで治る時もあれば、当然ながら治らない時もあります。
そのような時は、他にも何かしらの症状が出ていることが多いので、必ず動物病院を受診するようにして下さいね!
 
 

 

まとめ

 
 
いかがだったでしょうか?
 
 
 
 
あれ?
ちょっと調子が悪い?

 
 
そんな時は、鼻を触ってみて下さい!
 
もしかしたら、愛犬からのSOSサインがでているかもしれませんよ!
 
 
 
以上、
「犬の鼻が乾く!適度に濡らすために愛犬にしてあげることとは?」でした!
 
本日もお読みいただきありがとうございます!
 
 
 
 
 
 
 
 
 

☆他にはこんな記事が読まれてます☆